海外FXのレバレッジの魅力と注意すること

海外FX レバレッジ

海外FXのレバレッジにおける魅力はやはり、日本では考えられない倍率にあります。
日本のFXレバレッジの倍率が最大25倍に規制されていますが、海外ではこの制限がないです。

この為、25倍以上の海外FX業者が殆どですし、100倍や200倍も珍しくない状況です。
それどころか500倍や1000倍のレバレッジを設定する業者もあるので、海外FXは数字だけでも魅力的です。
中には3000倍というまさに桁違いの数字も存在しますから、海外FXのレバレッジは日本の常識からすると規格外です。

レバレッジの魅力

レバレッジの倍率が大きくなるほど、トレードの幅が広がりますし、大きなリターンを狙って挑戦することができます。
勿論、レバレッジの大きさはリスクに直結するので、日本では特に避ける人も少なくないといえます。

しかし海外FXの場合はゼロカットがありますから、レバレッジによって大きな損失が発生しても、実際の負担は最小限で済みます。
これもまた海外FXの魅力の1つで、国内FXと比較することで明確になる違いです。

資産の信託保全や分割管理など、気になる部分は少なからずありますが、魅力といえるメリットの方が上回ります。
ゼロカットも業者によって採用していたりいなかったりマチマチですが、割と採用している海外FX業者は多いです。

取引する業者の選択肢が豊富で比較、検討が行いやすい点についても、日本国内のFX業者より海外に軍配があがるでしょう。
違いの多さが魅力に結びついていますから、FX業者を選定する際は国内外で比較を行うのが賢明です。

海外FXのレバレッジで注意するリスク

メリットばかりあるように思える高いレバレッジには、注意すべきいくつかのリスクが存在しています。

高倍率レバレッジを掛けられることは、思わぬ損失が発生するリスクがある裏返しです。
知らなかったでは済みませんから、予めリスクを良く理解した上で、海外FXの利用やレバレッジの選択を行いたいものです。

また、海外FXに潜む別のリスクには、信託保全の仕組みが義務化されておらず、顧客の資産が安全に守られているか不透明なことが挙げられます。
日本だと義務化されていますが、海外ではまだまだこれからなので、海外FXの利用の際は信託保全を明確化している業者の選択が賢明です。

案外無視できないのは送金手数料で、海外FXの利用においては避けて通れないポイントです。

リスクといえるかは微妙ですが、しかし塵も積もれば山となりますし、投資資金の目減りが今後のトレードに影響することもあるので、軽視しないことが大切です。
海外FXはやはり、レバレッジの大きさが一番の魅力ですが、同時に損失拡大のリスクにもなるのが気になるところです。
投資の責任は基本的にトレーダーにありますから、知らないという言い訳は通用しないので、必ずレバレッジについて把握してから利用を始めるのが現実的です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする